一つ年上、今、同い年。

私より一つ年上の超有名サッカー選手がいますが、
誕生日の関係で、ただいま現在は同じ年齢らしいです。

詳しくないので違ってるかもしれませんが、
彼がブラジルに留学したのが15歳らしい。

自分一人で辛そうな顔をして、家族と別れて、
空港に行くための電車に乗っている。
この男の子が、これからブラジルに留学する子です!

というニュースを見たような記憶があって、
もしかしたら、あれが彼だったのかなーと思うのですが、
確かではありません。

私の絵の仕事のデビューも15歳。

高校の先輩に、学生の集まる物品即売会に連れて行かれて、
お前この絵を客に売れ。

なんのこと?と思っているうちに、

ほら、客が来たから、いらっしゃいませと言え!

この強烈な違和感は、いまだに憶えています。

私の人生初のいらっしゃいませ発声はこの瞬間です。
わけわからんと思いながらの第一声。

そこから絵の仕事となぜか縁が切れない。
切りてーよーと思ったりもあったのですが、

あのサッカー選手と同じかーと思うと、
とんでもなく長い時間のような、短いような。

カテゴリー: 毎日の出来事 パーマリンク