イチローが王貞治の日本プロ野球記録に並んだ

9月4日にイチローが代打でヒットを打って、日米通算で5862塁打(日本1889、米国3973)とし、王貞治(元巨人)の日本プロ野球記録に並んだニュースが興味を惹かれました。数々の大記録を打ち立ててきたイチローがまた凄い記録に並んでいる。
今年で43歳になるイチローですが、代打のみとゆう出場が多い中でしっかりヒットを打って、仕事をしていることに感動します。代打安打数も今シーズン(24)として、大リーグのシーズン最多記録に後4つまで迫っているといいます。
この記録もぜひ塗り替えて欲しいと思います。
イチローの記録を改めて振返ると、本当にレベルが半端無くて凄いです。大リーグシーズン最多安打記録保持者(262安打)で、プロ通算安打世界記録保持者(4257安打でギネス世界記録に認定)。
また、プロ野球における最多試合出場記録保持者(日本・大リーグ通算3563試合出場)。どの記録も本当に破られることが難しい大記録です。投手で大リーグまで行って活躍した選手は多いですが、打者としてここまで活躍をし続ける選手は、もう今後何十年と出て来ないのではないでしょうか。今年の甲子園で活躍した広陵高校の中村選手と早稲田実業の清宮選手にはプロに行ってイチローのような凄い選手になってもらいたいと思います。

記事元:Yahoo!ニュース
イチロー、日米通算5862塁打=王の日本記録に並ぶ―米大リーグ
9/5(火) 11:34配信

カテゴリー: 未分類 パーマリンク